「聖書」の版間の差分

(fix)
 
== '''[[w:旧約聖書|旧約聖書]]''' ==
[[w:ヘブライ語|ヘブライ語]][[w:アラマイム語|アラム]]による著述。ユダヤ教およびキリスト教の聖典。しばしばウルガタ訳とよばれる[[w:ラテン語|ラテン語]]でも引用される。
 
=== 創造 ===
*はじめに[[神]]が天と地を造った。- 創世記1:1
*:''In principio creavit Deus caelum et terram.''
 
*神はった。「光あれ」。すると光があった。
*:''Dixitque Deus: "Fiat lux!" Et facta est lux.''
 
*また神は自らの形にかたちどって[[人間|人]]を造った。- 創世記1:27
*:''Et creavit Deus hominem ad imaginem suam.''
 
*神が作ったすべてのものを見ると、それははなはだよかった。- 創世記1:31
*:''Viditque Deus cuncta, quae fecit, et ecce erant valde bona.''
 
 
=== 愛 ===
*この乙女は誰か、曙のように現れ、月のように美しく、太陽のように輝き、おそるべきこと、旗を立てた軍勢のよう。 - 雅歌 6:10
*:Quae est ista, quae progreditur quasi aurora consurgens, pulchra ut luna, electa ut sol, terribilis ut acies ordinata?''
::ウンベルト・エーコの『バラの名前』でも引用されている。
 
=== 人生 ===
 
*伝道者の言葉。空の空、すべては空である。- 伝道の書1:1
*:Vanitas vanitatum, dixit Ecclesiastes, vanitas vanitatum - omnia vanitas.
33

回編集