メインメニューを開く

引用編集

  • 狸、貉(むじな)の名称は古来併存し、我国の習俗此の二者を区別し毫(いささか)も怪まざる所なるを以て、狩猟法中に於て狸なる名称中には貉をも包含することを明(あきらか)にし、国民をして適帰(てつき)する所を知らしむるの注意を取るを当然とすべく、単に狸なる名称を掲げて其の内に当然貉を包含せしめ、我国古来の習俗上の観念に従い貉を以て狸と別物なりと思惟(しい)し之を捕獲したる者に対し刑罰の制裁を以て臨むが如きは、決して其の当を得たるものと謂(い)うを得ず -- たぬき・むじな事件における大審院の判決文


證城寺の狸囃編集

  • 證城寺の庭は
        月夜だ 月夜だ
     友達来い

     己等の友達ァ
        どんどこどん。

    負けるな 負けるな
        和尚さんに負けるな
     友達来い

     證城寺の萩は
       月夜に 月夜に
     花盛り

     己等の友達ァ
        どんどこどん。 -- 野口雨情『金の星』大正13年(1924年)12月号
  • 證、證、證城寺
    證城寺の庭は
    ツ、ツ、月夜だ
    皆出て来い来い来い
    己等の友達ァ
     ぽんぽこぽんのぽん

    負けるな、負けるな
     和尚さんに負けるな
    来い、来い、来い、来い来い来
    皆出て、来い来い来い

    證、證、證城寺
    證城寺の萩は
    ツ、ツ、月夜に 月夜に 花盛り
    己等の友達ァ
     ぽんぽこぽんのぽん -- 中山晋平 『金の星』大正14年(1925年)1月号

編集

  • 狸が人に化かされる -- 日本の諺
  • 捕らぬ狸の皮算用 -- 日本の諺

慣用句編集

  • 狸寝入り

関連項目編集