藤原公任

平安時代中期の公卿・歌人。藤原北家小野宮流。藤原頼忠の長男。正二位・権大納言。『和漢朗詠集』の撰者

藤原公任(ふじわら の きんとう、966年‐1041年)は平安時代中期の日本の公卿・歌人。関白太政大臣藤原頼忠の長男。小倉百人一首では大納言公任。『和漢朗詠集』の編者。

藤原公任(菊池容斎『前賢故実』)

引用編集

  • 小倉山嵐の風の寒ければもみぢの錦きぬ人ぞなき
    • 『大鏡』収録。三舟の才の逸話で知られる。
  • 滝の音はたえて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞こえけれ
    • 『千載和歌集』『小倉百人一首』収録。

外部リンク編集

ウィキペディアにも藤原公任の記事があります。