遍昭

日本の平安時代の僧、歌人

遍昭(へんじょう)。遍照とも表記。816年-890年。平安時代初期の歌人。俗名は良岑宗貞(よしみねのむねさだ)。六歌仙、三十六歌仙の一。素性法師は子。

僧正遍昭

遍昭からの引用編集

古今和歌集編集

  • あまつかぜのかよひぢ吹きとぢよ乙女のすがたしばしとどめむ
    • 小倉百人一首にも採られる。
  • 今こむといひてわかれし朝(あした)より思ひくらしのねをのみぞなく
    • 子の素性に、これを本歌とする歌がある。素性の項目を参照。
  • はちす葉のにごりにしまぬ心もてなにかは露を玉とあざむく 
  • みな人は花の衣になりぬなり苔のたもとよかわきだにせよ
    • 仁明天皇のが明けた報に接して。

遍昭に関する引用編集

  • かくしつつとにもかくにも永らへて君がやちよにあふよしもがな --光孝天皇
    • 古今和歌集に収録。詞書「仁和の御時、僧正遍昭に七十の賀たまひける時の御歌」。

外部リンク編集

ウィキペディアにも遍昭の記事があります。