メインメニューを開く

Wikiquote β

アルブレヒト・デューラー

アルブレヒト・デューラー『自画像』(1500年)

アルブレヒト・デューラー (ドイツ語: Albrecht Dürer, 1471年 - 1528年)は、ドイツのルネサンス期の画家、版画家、数学者。ヴェネツィアに二度旅行し、イタリア・ルネサンス美術の影響を取り入れた。またジョヴァンニ・ベリーニラファエロ・サンティレオナルド・ダ・ヴィンチら盛期ルネサンスの芸術家と親交を結んだ。

引用編集

  • まことに芸術は自然のうちに根付いているのであるから、自然から芸術を引きはがすことが出来るものが、芸術を己のものにしているのである。
    Denn wahrhaftig steckt die Kunst in der Natur, wer sie heraus kann reißen, der hat sie.
    • Vier Bücher von menschlicher Proportion
  • 太陽の後で、どれだけ私は寒い思いをするだろう。ここでは私は一人の紳士だが、家では寄生虫扱いだ。
    O, wie wird mich nach der Sonne frieren! Hier bin ich ein Herr, daheim ein Schmarotzer.
  • Brief Dürers aus Venedig an Pirckheimer, Oktober 1506. Quelle: Albrecht Dürer, Das Gesamte graphische Werk, Rogner & Bernard bei Zweitausendeins, 1. Band, Seite 458, ohne ISBN
    • デューラーからピルクハイマー宛書簡、ヴェネツィア発、1506年10月。

外部リンク編集

ウィキメディア・コモンズデューラーに関するメディアがあります。
ウィキソースデューラーに関する記事群があります。