アルベルトゥス・マグヌス

アルベルトゥス・マグヌス(1193年頃〜1280年11月15日)は中世ドイツの神学者、自然哲学者。カトリック教会の聖人。トマス・アクィナスは弟子。

AlbertusMagnus.jpg

帰せられるもの編集

  • 体験のみが確証する。
    • experimentum solum certificat
  • 真理を発見せよ、然らば真理は君たちを自由にする。