ファウスティナ・コヴァルスカ

ファウスティナ・コヴァルスカ (1905年8月25日 - 1938年10月5日)は、ポーランドのカトリック教会の修道女、幻視者、聖人。

  • 私の使命は、と共に終わるのではなく、死と共に始まるのだと確信しています。疑っている人びとよ、私は、あなたたちにについてよく分かっていただくために、天国の覆いを取り除きます。あなたたちがもう、不信の念によって、最愛のイエスのみ心を傷つけることがありませんように。神は、愛でありいつくしみなのです。
    • (日記281)
ファウスティナ・コヴァルスカ

外部リンク編集

ウィキメディア・コモンズFaustyna Kowalskaに関するメディアがあります。