伊達政宗

出羽国と陸奥国の武将・戦国大名。伊達氏17代。陸奥仙台藩初代藩主。伊達輝宗の嫡男。従五位下左京大夫、侍従、越前守、従四位下右近衛権少将、陸奥守、正四位下参議、従三位権中納言

伊達政宗(だて まさむね、1567年 - 1636年)は日本の戦国大名、仙台藩初代藩主。伊達氏の17代目で、天正年間に東北地方で強大な勢力を築く。小田原の役、奥州仕置を経て豊臣政権に下り、関ヶ原の戦い以後は江戸幕府体制下の外様大名として命脈を保つ。

漢詩編集

酔余口号編集

白文編集

馬上少年過
世平白髪多
残軀天所赦
不楽是如何

書き下し文編集

馬上の少年は過ぐ
世は平かにして白髪多し
残軀は天の赦す所
楽しまずして是を如何せん

元旦試觚編集

白文編集

時物春來催我吟
詩情酒渴共何堪
屠蘇沈醉忘才拙
和荅黃鸝新語音

書き下し文編集

時物春来たりて我が吟を催す
詩情酒渇共に何ぞ堪えん
屠蘇沈酔に才の拙きを忘れ
和荅す黄鸝の新語音

落梅編集

白文編集

花落乾坤風未吹
樹間料識有黃鸝
不然行客惱春色
自入梅林折一枝

書き下し文編集

花落ちて乾坤に風未だ吹かず
樹間に料り識る黄鸝有るを
然らずんば行客春色に悩まされ
自ら梅林に入りて一枝を折らん

外部リンク編集

ウィキペディアにも伊達政宗の記事があります。