太平記

日本の南北朝時代の軍記物語

太平記は、日本の物語(軍記物語)。作者は不明で、後醍醐天皇即位(1318年)から約50年間の動乱を描いた。

出典の確実なもの編集

  • 進退ここに谷(きはま)り
    • 巻4「呉越戦の事」
    • 詩経・大雅の「桑柔」に「進退維谷」とあるのに拠る。
  • 九牛の一毛、大海の一滴
    • 巻15「二十七日京合戦の事」
    • 司馬遷の『任安に与うる書』に「若九牛亡一毛」とあるのに拠る。