後花園天皇

日本の102代天皇。伏見宮貞成親王の長男。猶子に娘(1465-1488.8.28、大聖寺)

後花園天皇 (1419年 - 1471年)は、第102代の天皇。

  • 残民争採首陽 処々閉鎖竹扉 諸興吟酸二月 満城紅緑為誰肥
    • 足利義政を諫めるために贈った天皇自作の漢詩である。読み下しは、残民(ざんみん)争いて首陽の蕨(わらび)を採る 処々炉を閉ざし竹扉(ちくひ)を鎖(とざ)す 詩興吟(ぎんずれ)は酸なり春二月 満城の紅緑誰のために肥ゆる