武田信玄

日本の武将・戦国大名

武田信玄(たけだ しんげん、1521年 - 1573年)は日本の戦国大名。中部地方で強大な勢力を築いた。信玄は出家後の号。俗名は武田晴信(たけだ はるのぶ)。

歌川国芳『川中島百勇将戦之内』より「明将 武田晴信入道信玄」

帰せられるもの編集

甲陽軍鑑編集

  • 人は遠慮の二字、肝要なり。遠慮さえあれば、分別にもなる。

武田信玄に関係するもの編集

  • 風林火山
    • 疾きことの如く徐かなることの如く侵略することの如く動かざることの如し
    • 武田軍の旗標。孫子の「其疾如風、其徐如林、侵掠如火、不動如山」の各句から末尾一字を取ったもの。
ウィキペディアにも武田信玄の記事があります。