「雪」の版間の差分

*これがまあつひのすみかか雪五尺 -[[小林一茶]]
 
*<font size=-1>一</font> 雪ながら山もとかすむ夕かな -宗祇<br /><font size=-1>二</font> 行水遠く梅にほふ里 -肖柏
*:『水無瀬三吟百韻』
 
*いくたびも雪の深さを尋ねけり -[[正岡子規]]
60

回編集