「酒」の版間の差分

 
*[[友]]とするに悪きもの七つあり。一には高くやんごとなき人、二には若き人、三には病なく身つよき人、四には酒をこのむ人、五には武く勇める人、六にはそらごとする人、七には慾ふかき人。善き友三つあり。一にはものくるる友、二には医師、三には智惠ある友。-- [[吉田兼好]]『徒然草』百七十七段
 
*杜子美、山谷、李太白にも、酒を飲むなと詩の候か -隆達節歌謡・290
**杜子美=杜甫、山谷=黄庭堅、李太白=李白
 
*老をだに養はゞ。まして盛の人の身に。薬とならばいつまでも。御寿命も尽きまじき。泉ぞめでたかりける。実にや玉水の。水上すめる御代ぞとて流の末の我らまで。豊にすめる。嬉しさよ。--[[世阿弥]]『養老』地歌
60

回編集