「海」の版間の差分

ウィキショナリにリンク
(ウィキショナリにリンク)
* 熟田津に[[船]]乗りせむと[[月]]待てば 潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな --[[額田王]]『萬葉集』巻一
* [[天]]の海に[[雲]]の波立ち[[月]]の船[[星]]の林に漕ぎ隠る見ゆ --[[柿本人麻呂]]『萬葉集』巻七
*:天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見
 
== 帰せられるもの ==
 
== 諺 ==
* [[wikt:井の中の[[]]、大海を知らず|井の中の蛙大海を知らず]] --日本の諺
* 海千[[山]]千
* 海の物とも[[山]]の物ともつかぬ
858

回編集