地球の陸地以外の部分で、塩水に満ちているところ

についての引用句と諺。海(うみ)は、地球上の地表の70.6%を占める、塩水(海水)で覆われた部分を指す。ただし日本の古語では一般に広い水面を意味し、をも「うみ」と呼ぶ。

出典の確かなもの編集

  • 熟田津に乗りせむと待てば もかなひぬ今は漕ぎ出でな --額田王『萬葉集』巻一
  • の海に立ちの船の林に漕ぎ隠る見ゆ --柿本人麻呂『萬葉集』巻七
  • 淡海の海夕波千鳥汝が鳴けば情もしのに古思ほゆ --柿本人麻呂『萬葉集』巻三

帰せられるもの編集

  • の海終日(ひねもす)のたりのたりかな --与謝蕪村
  • 海恋し潮の遠鳴りかぞへては少女となりしの家 --与謝野晶子(1878年 - 1942年)
  • 白鳥は哀しからずやうみのあをにも染まらずただよふ --若山牧水(1885 - 1928年)

編集

関連項目・外部リンク編集

ウィキペディアにもの記事があります。
ウィキメディア・コモンズに関するメディアがあります。