「藤原定家」の版間の差分

三夕の歌についての説明を加えてみる
(→‎藤原定家: ウィキソースへのリンク修正ほか)
(三夕の歌についての説明を加えてみる)
===和歌===
*[[春]]の夜の[[夢|ゆめ]]のうき橋とだえして峰にわかるる横雲のそら
 
*見渡せば花も[[紅葉|もみぢ]]もなかりけり浦のとまやの[[秋]]の夕暮
**[[西行法師]]の「さびしさはその色としもなかりけりまき立つ山の秋の夕暮」、[[寂蓮法師]]の「心なき身にもあはれは知られけりしぎたつ澤の秋の夕ぐれ」と合わせて「三夕の歌」と言われている。
 
*ひとりぬる山鳥のをのしだりをに霜おきまよふ床の[[月]]影
 
*駒とめて袖うちはらふかげもなし佐野のわたりの[[雪]]の夕暮
 
*こぬ人をまつほの浦の夕なぎに焼くやもしほの身もこがれつつ
 
*帰るさのものとや人のながむらん待つ[[夜]]ながらの有明の月
 
*やまとうたの道、浅きに似て深く、易きに似て難し。弁へ知る人またいくばくならず。
**『近代秀歌』
 
*いはむや近き世の人は、ただ思ひ得たる風情を三十字に言ひ続けむことを先として、さらに姿詞の趣を知らず。
**『近代秀歌』
 
*おろそかなる親の教へとては、「歌は広く見遠く聞く道にあらず。心より出でて自らさとるものなり」とばかりぞ申し侍りしかど、それをまことなりけりとまでたどり知ることも侍らず。
**『近代秀歌』
=== 藤原定家に関する引用 ===
* 定家はさうなきものなり。-- [[後鳥羽天皇|後鳥羽院]]『後鳥羽院御口伝』
 
* 定家は生得の上手にてこそ、心なにとなけれども、うつくしくはいひ続けたれば、殊勝のものにてこそはあれ。-- [[後鳥羽天皇|後鳥羽院]]『後鳥羽院御口伝』
 
247

回編集