「村山富市」の版間の差分

== 出典の明らかなもの ==
=== 村山内閣にて ===
* 私としては、専守防衛に徹し自衛のための必要最小限度の実力組織である'''自衛隊は、憲法の認めるものであると認識'''するものであります。同時に、日本国憲法の精神と理念の実現できる世界を目指し、国際情勢の変化を踏まえながら、国際協調体制の確立と軍縮の推進を図りつつ、国際社会において名誉ある地位を占めることができるように全力を傾けてまいる所存でございます。
** 参議院本会議 平成06年07月21日
* 私は、'''日米安全保障体制を堅持'''しつつ、自衛隊については、あくまで専守防衛に徹し、国際情勢の変化を踏まえてそのあり方を検討し、必要最小限の防衛力整備を心がけてまいります。
** 第130回国会 施政方針演説 平成06年07月18日
* 私としては、専守防衛に徹し自衛のための必要最小限度の実力組織である'''自衛隊は、憲法の認めるものであると認識'''するものであります。同時に、日本国憲法の精神と理念の実現できる世界を目指し、国際情勢の変化を踏まえながら、国際協調体制の確立と軍縮の推進を図りつつ、国際社会において名誉ある地位を占めることができるように全力を傾けてまいる所存でございます。
* 冷戦の終結後も国際社会は依然不安定要因を内包している中で、我が国が引き続き安全を確保していくためには日米安保条約が必要であると考えております。新政権のもとにおいても日米安保体制の意義と重要性を認識しており、先般のナポリ・サミットにおける日米首脳会談では、私から、かかる認識を踏まえて日米安保体制を引き続き堅持していく旨をクリントン大統領に表明した次第でございます。
** 参議院本会議 平成06年07月21日
** 村山内閣にて、日本社会党は'''自衛隊合憲'''・'''日米安保堅持'''とコペルニクス的方針転換。
 
* その電力需要に対してどう供給をしていくかという面から考えてまいりますと、それだけのやはり電力量は必要なんですよ。それで私どもは、可能な限りエネルギー、クリーンな、被害の少ないエネルギーをどんどんどんどんやはり開発すべきだ、そのために努力をすべきだ、一方では。しかし、そうはいっても、それは右から左へすぐ間に合うものじゃありませんから、したがって、ある程度の'''原子力発電の造成もこれはやむを得ない'''のではないか。
** 衆議院予算委員会 平成06年10月12日
** 日本社会党の原発反対方針を転換。
 
{{wikisource|戦後50周年の終戦記念日にあたって|村山談話}}
275

回編集