「紀貫之」の版間の差分

*やまとうたは ひとのこころをたねとして よろづのことのはとぞ なれりける
 
*世の中にある 人ことわざ しげきもの*[[花]]にればく[[鶯|うぐひす]] [[水]]おもふすむ[[蛙|かはづ]]のきけば いきとしいけるものきくものに ついづれかうたをよまざりていひいだせなり
 
*[[花]]になく[[鶯|うぐひす]] [[水]]にすむ[[蛙|かはづ]]のこゑをきけば いきとしいけるものいづれかうたをよまざりける
*ちからをもいれずしてあめつちをうごかし めに見えぬ おに神をもあはれとおもはせ [[男|をとこ]]をむなのなかをもやはらげ たけき[[武士|ものゝふ]]の心をもなぐさむるはうたなり
匿名利用者