「フリードリヒ・ニーチェ」の版間の差分

→‎『反キリスト者』: 標題は定訳にあわせる
(反キリスト者)
(→‎『反キリスト者』: 標題は定訳にあわせる)
*: "Gott ist tot! ! Gott bleibt tot! Und wir haben ihn geto"tet."
 
==== 『反キアンチクリスト』 ====
Der Antichrist
 
:この項は英語からの重訳です。
* キリスト教は、モラルも宗教もどの点も現実と接触していない。--16節
 
* キリスト教においては、モラルも宗教もどの点においても、道徳も宗教も現実と接触していない。--16節
*: "In Christianity neither morality nor religion come into contact with reality at any point."
<!--原文の確認が必要。MoralitaetなのかSittlichkeitなのか、恐らくは前者。-->
 
* 私はキリスト教を1はひとつの呪い、あるいは巨大な本質的堕落と言って私は。不都合に対しての執念という巨大な本能は、十分に有害で、かつ秘密に隠され、取るに足らない事であり、る。これを私は人類の1ひとつの致命的汚点と言っている。 --62節.
*: "I call Christianity the one great curse, the one great intrinsic depravity, the one great instinct for revenge for which no expedient is sufficiently poisonous, secret, subterranean, petty -- I call it the one mortal blemish of mankind."
 
5,740

回編集