「ことば」の版間の差分

+1アビゲイル・アダムス
編集の要約なし
(+1アビゲイル・アダムス)
*神代より言ひ傳て來らく そらみつ大和の國は 皇神(すめかみ)の嚴くしき國 言靈の幸ふ國と 語り繼ぎ言ひ繼がひけり
*:神代欲理 云傳久良久 虚見通 倭國者 皇神能 伊都久志吉國 言霊能 佐吉播布國等 加多利継 伊比都賀比計理 -- 山上憶良『萬葉集』894
 
* 私たちは仰々しい[[言葉]]をたくさん並べるけれど、それにふさわしい行動は全くしていないのです。
*:We have too many high sounding words, and too few actions that correspond with them. -[[アビゲイル・アダムス]]
::夫への手紙(1774年)
 
[[沈黙]]、[[雄弁]]も参照のこと。
792

回編集