「アリストテレス」の版間の差分

ギリシア語が原典で英文をつける意味はなりような
(ギリシア語が原典で英文をつける意味はなりような)
[[en:Aristotle]]
== [[w:アリストテレス|アリストテレス]] ==
 
アリストテレス(Aristotle(Aristotles、[[w:紀元前384年|紀元前384年]] - [[w:紀元前322年|紀元前322年]])、マケドニア出身の古代ギリシャの哲学者です。[[w:プラトン|プラトン]]学派を拡張発展させペリパトス学派を形成した。
 
== 修辞学関係 ==
 
修辞学は自分の意見を公の場で、いかに人々に印象深く心に残すためには、どのように発表すれば良いかを研究する学問ですをいう
 
*起こり得ないようなことが起こるという時は、明確に起こり得るとされているものよりも、いつも、ましなことであるはずだ。
::"A likely impossibility is always preferable to an unconvincing possibility."
 
*ひとかたまり全体は、基礎始め真んと終を持っていからなる。『詩学』
::"A whole is that which has beginning, middle and end."
 
*悪い夢は人々引き起こす男たちと緒にな致させ
::"Evil draws men together."
 
== 政治学関係 ==
 
*一般にさらに良いことものを望む人たちは、祖先が得た以上のものを望む。
::"Again, men in general desire the good, and not merely what their fathers had."
 
::"Law is order, and good law is good order."
 
*人は生まれながら本性おいて政治を行う動物である。
::"Man is by nature a political animal."
 
::"Nature does nothing uselessly."
 
*民主主義の状況制国家の基礎は自由である。
::"The basis of a democratic state is liberty."
 
*最もよくめらる者がとよいべきだ
::"They should rule who are able to rule best."
 
 
== 倫理学関係 ==
*プラトンは私の友である。しかし、彼よりも真実を私友とする。
::"Platoon is my friend, but the thruth is more my friend."
::「ニコマコス倫理学」
*良い人であることがいつも良い市民であることと同じとは限らない。
::"It is not always the same thing to be a good man and a good citizen."
::ニコマコス倫理学
 
*私たちは平和の中に暮らすためとして戦争をする。
::"We make war that we may live in peace."
::ニコマコス倫理学
 
*不幸は本当の友達でないものを明らかにする。
::"Misfortune shows those who are not really friends."
::エウディミアンモス倫理学
 
== その他 ==
*教育は高齢者にとって最適の対策です
::"Education is the best provision for old age."
::ディオゲネス--優れた・ラエルティオス『古代ギリシア哲学者の生涯」列伝』
 
*希望とは、目覚めていて抱く夢をいう。
 
*希望は夢に目覚めるということです。
::"Hope is a waking dream."
::ディオゲネス--優れた・ラエルティオス『古代ギリシア哲学者の生涯」列伝』
 
[[en:Aristotle]]
5,744

回編集