藤原義孝

日本の平安時代の公家、歌人

藤原義孝(ふじわらのよしたか 954-974)は公家、日本の歌人。

出典の確かなもの 編集

  • 君がため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな  
    『後拾遺和歌集』収録。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。

藤原義孝に帰せられたもの編集

  • しかばかりちぎりしものをわたり川かへるほどには忘るべしやは
    『後拾遺和歌集』収録。詞書に寄れば、死後、母の夢に現れて詠んだ歌。