陽成天皇

日本の第57代天皇

陽成天皇 (868年 - 949年)は日本の第57代天皇、平安時代中期の人。父は清和天皇。元良親王は子。

陽成天皇

和歌編集

  • つくばねの峰よりおつるみなの川こひぞつもりて淵となりける 
『後撰集』収録。伝来する唯一の御製。藤原定家により小倉百人一首にも採られる。
かるたなどでは「なりぬる」とするが、『後撰集』および百人一首の写本では「なりける」とする。ここでは『後撰集』による。


ウィキペディアにも陽成天皇の記事があります。