メインメニューを開く

スペインに関する引用と諺

引用編集

  • 「今日僕は、ペルー移住について書かれた記事を切り抜いた。僕はどこへ辿り着くのだろう。スペイン、トルコバルト諸国ロシアペルー? 僕はよくこのことについて考える。二年後には、僕はドイツにはいないだろう。」 -- ハインリヒ・ヒムラー(1921年11月23日付けの日記より) [1]
  • 以前に観察したとおり、現代の言語でフランス語に敬意を払うのは不可欠である。次に、アメリカにとって重要なのはスペイン語である。スペインとのつながりは重要であり、今後ますますその必要性を増すであろう。さらに、アメリカに対する否定的な歴史は主にスペイン語で綴られている。 -- トーマス・ジェファーソン
    • With respect to modern languages, French, as I have before observed, is indispensible. Next to this the Spanish is most important to an American. Our connection with Spain is already important and will become daily more so. Besides this the antient part of American history is written chiefly in Spanish.

編集

  • ドイツ人には厩、フランス人には台所、スペイン人には部屋、イタリア人は何にでも。-- イタリアの諺[2]
  • スペインは痩せ、フランスは肥え、ドイツはさらに肥えている。-- イタリアの諺
  • フランス人は怒り狂い、スペイン人は分別臭く、ドイツ人は疑り深い。-- イタリアの諺

出典編集

  1. グイド・クノップ著、高木玲訳『ヒトラーの共犯者 上』(原書房)ISBN 978-4562034178 167ページ
  2. Annarosa Selene, Dizionario dei proverbi, Pan libri, 2004. ISBN 8872171903