パウロ 三木

日本二十六聖人の一人

パウロ三木1560年代 - 慶長元年12月19日(1597年2月5日)は、安土桃山時代キリシタンイエズス会宣教師

パウロ三木

説教編集

  • ここにおいでになるすべての人々よ、私の言うことをお聴き下さい。私はルソンからの者ではなく、れっきとした日本人であってイエズス会のイルマンである。私は何の罪も犯さなかったが、ただ我が主イエス・キリストの教えを説いたから死ぬのである。私はこの理由で死ぬことを喜び、これを神が私に授け給うた大いなる御恵みだと思う。
    • マニラに追放後書き記したパウロ三木の最後の説教

外部リンク編集

ウィキペディアにもパウロ三木の記事があります。
ウィキメディア・コモンズPaulus Mikiに関するメディアがあります。