「壬生忠岑」の版間の差分

(+Cat日本人)
*:[[藤原定家]]の『小倉百人一首』にも収録。
 
*墨染の君にがたもとは[[雲]]ならや 絶えず[[涙]]の[[雨]]とのみふる
*[[春]]きぬと人は言へども[[]] なかぬかぎりはあらじとぞ思ふ
 
*くるるかとみればあけぬる夏の夜を あかずとやなく山[[郭公時鳥|ほととぎす]]
 
*山田もる[[秋]]のかりほにおく露は いなおほせどりの涙なりけり
 
*千鳥鳴く佐保の川霧 たちぬらし 山の木の葉も色まさりゆく -- 巻七賀歌 作者名不明とある。
*:*巻七賀歌 作者名不明とある。『忠岑集』には上記のとおり収録。拾遺集には「色かはりゆく」で忠岑作とする。
 
{{wikipedia|壬生忠岑}}
5,744

回編集