右近

日本の平安時代の歌人
右近

右近 (生没年未詳)編集

うこん。平安時代中期の歌人。藤原右近少将季縄(季綱とも)女またはその姉妹と伝わる。宮廷歌人として朱雀朝・村上朝に活躍した。

『拾遺和歌集』編集

  • おほかたのの空だにわびしきに物思ひそふる君にもあるかな
  • 身をつめばあはれとぞおもふ初のふりぬることも誰にいはまし
  • わすらるる身をば思はずちかひてし人の命のをしくもあるかな  
    『大和物語』八十四段にもあり、そこでは返しはなかったとされる。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。