式子内親王

日本の平安時代の皇族、歌人、賀茂斎院

式子内親王 (しょくし または しきしないしんのう、1149年‐1201年)は平安時代末期の日本の女性皇族、歌人。後白河天皇の皇女。

引用編集

  • 玉の緒よ 絶えなばたえね ながらへば 忍ぶることの よわりもぞする
    • 『新古今和歌集』後に藤原定家により小倉百人一首に収録。
  • ふかみ とも知らぬ 松の戸に たえだえかかる の玉水
    • 『新古今和歌集』収録

外部リンク編集

ウィキペディアにも式子内親王の記事があります。