愛知県

日本の県

愛知県に関する引用句、諺。西側の尾張と東側の三河に分けられる。

三河編集

東下り
  • むかし、おとこありけり。そのおとこ、身をえうなき物に思なして、にはあらじ、あづまの方に住むべき國求めにとて行きけり。もとより友とする人ひとりふたりしていきけり。道知れる人もなくて、まどひいきけり。三河の國、八橋といふ所にいたりぬ。そこを八橋といひけるは、水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つわたせるによりてなむ、八橋といひける。…… その澤にかきつばたいとおもしろく咲きたり。それを見て、ある人のいはく、「かきつばたといふ五文字を句の上にすへて、旅の心をよめ」といひければ、よめる。
    唐衣きつゝなれにしつましあればはるばるきぬるをしぞ思ふ
    伊勢物語

尾張編集

  • 伊勢は津で持つ 津は伊勢で持つ 尾張名古屋は で持つ -- 民謡『伊勢音頭』
  • 尾張のヲ -- 和文通話表
  • 名古屋のナ -- 和文通話表

外部リンク編集

日本の都道府県
ウィキペディアにも愛知県の記事があります。
ウィクショナリーにも愛知県の項目があります。
ウィキソース愛知県に関する記事群があります。
ウィキメディア・コモンズ愛知県に関するメディアがあります。