文屋朝康

日本の平安時代の歌人

文屋朝康 (ふんや の あさやす、生没年未詳)は平安時代中期の歌人。宇多および醍醐天皇の頃に活動した。文屋康秀の子。「寛平御時后宮歌合」「是貞親王家歌合」の作者として出詠した。

文屋朝康

引用編集

  • の野におく白露はなれやつらぬきかくる蜘蛛の糸すじ
    • 『古今和歌集』収録
  • 白露にの吹きしく秋の野はつらぬきとめぬ玉ぞちりける
    『後撰集』巻六、藤原定家の『小倉百人一首』に収録。

外部リンク編集

ウィキペディアにも文屋朝康の記事があります。