メインメニューを開く

文屋康秀

日本の平安時代の歌人
文屋康秀

文屋康秀 (生没年未詳)編集

ふんやのやすひで。平安時代初期の歌人であり、六歌仙、三十六歌仙の一。文屋朝康は子。

文屋康秀からの引用編集

  • 吹くからにの草木のしをるればむべ山風をあらしといふらむ
    『古今和歌集』。藤原定家の『小倉百人一首』にも収録。
    伝本によってはこれを文屋朝康に帰すものがある。


文屋康秀についての引用編集

  • ことばは巧みにて、そのさま身に負はず。いはば、商人のよき衣着たらんがごとし。--紀貫之


ウィキペディアにも文屋康秀の記事があります。