メインメニューを開く

に関する引用

引用編集

  • さつき火事だとさわぎましたのは虹でございました
    もう一時間もつづいてりんと張つて居ります -- 宮沢賢治『春と修羅』
  • 最上川の上にして残れるはいまだうつくしき虹の断片 -- 斎藤茂吉『白き山』
  • 洪水川(でみづがは)あからにごりてながれたり地(つち)より虹の湧き立ちにけり -- 前田夕暮『原生林』