メインメニューを開く

和泉式部

日本の平安時代の歌人

情報源の確かなもの編集

『後拾遺和歌集』収録歌編集

  • のみだれもしらずうちふせばまづかきやりし人ぞしき
  • 川おなじ身よりはながるれど恋をばけたぬものにぞありける
  • 世の中にといふ色はなけれどもふかく身にしむものにぞありける
「こひてふいろは」とする本もある
  • あらざらんこの世のほかの思ひ出に今一たびの逢ふこともがな
    『小倉百人一首』にも収録。
  • 物おもへば沢のも我が身よりあくがれいづる(たま)かとぞみる
  • 今はただそよそのことと思ひ出でて忘るばかりの憂きこともがな
  • とどめおきて誰をあはれと思ふらんはまさるらん子はまさりけり
    • 小式部内侍が早世したときの歌。


『和泉式部続集』収録歌編集

  • はかなしとまさしく見つる夢の世をおどろかで寝る我は人かは
    『和泉式部続集』

その他編集

  • 枕だにしらねばいはじ見しままに君かたるなよ春の夜の夢
    『新古今和歌集』収録。『和泉式部続集』では、第四句を「君にかたるな」とする。
  • 夢にだに見で明かしつる暁の恋こそ恋のかぎりなりけれ
    『新勅撰和歌集』収録。

和泉式部についての引用編集

  • 和泉はけしからぬかたこそあれ、うちとけて文はしり書きたるに、そのかたの才(ざえ)ある人、はかない言葉のにほひも見え侍るめり。--紫式部『紫式部日記』
  • 歌はいとをかしきこと、ものおぼえ、歌のことわり、まことのうたよみざまにこそ侍らざめれ。口にまかせたることどもに、かならずをかしき一ふしの、目とまる詠み添へ侍り。それだに人の詠みたらん歌なん、ことわりゐたらんは、いでやさまで心は得じ。口にいと歌の詠まるるなめりとぞ、見えたるすぢに侍るかし。恥づかしげの歌よみやとは覚え侍らず。--紫式部『紫式部日記』
ウィキペディアにも和泉式部の記事があります。