メインメニューを開く
Die Gartenlaube (1887) b 556 2.jpg

に関する引用句、諺。

引用句編集

  • は、夕暮。夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの列ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。入り果てて、、虫の音など、はたいふべきにあらず。 - 清少納言『枕草子』
  • 音もせで思ひに燃ゆるこそ 鳴く虫よりもあはれなりけれ-源重之
    後拾遺和歌集

編集

  • 一寸の虫にも五分の魂 -日本の諺
  • 蓼(たで)食う虫も好きずき -日本の諺
  • 飛んでに入るの虫 -日本の諺
  • 獅子身中(しんちゆう)の虫